業務内容

一般社団法人麻布教育研究所は定款に基づき、以下の事業を行います。 (1) コンサルティング事業 (2) 調査・研究事業 (3) 研修運営事業及び講師派遣事業 (4) 国際交流事業 (5) 教育関連の書籍雑誌等の出版事業 (6) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業 具体的には、次のような実績を有しております。

  1. 小中学校等における授業コンサルテーション ・授業研究会の指導助言者 ・公開研の講師
  2. 教員向け研修会の講師派遣 ・教育委員会等が開催する研修、講座の講師(参考例:pdfご紹介ファイル) ・栄養教諭認定講習講師
  3. 大学等における研究プロジェクトの運営事務委託 ・研究プロジェクト(科研費、GP、受託研究等)の経理事務サポート
  4. web技術(CMS等)を利用したプロジェクト支援 ・プロジェクト用のサイト構築、運営管理(参考例:外部サイトリンク) ・プロジェクト内コミュニケーションのためのツール設定(参考例:サンプルにリンク)
  5. 教育学分野のデータ分析委託 ・アンケート入力等
  6. アカデミックライティング,プレゼンテーション支援 ・論文(卒論、修論等)、報告発表スライド作成支援

授業コンサルテーションのパターン例および料金例

現在、多くの学校、地方自治体で学力向上の取り組みがなされています。 それを成功に導くためのポイントは、次の3点です。

1. 子どもたちが知の作り手として活動する協同の学習(authentic learning)

2. 校内の同僚性に基づいて授業研究を行う、自律的な校内研修

3. 上述の実践を支える地方自治体教育委員会の支援体制

これらによって、子どもたちのたしかな学びの保障が追求できます。 そのとき、教師もまた学び続ける専門職として成長することができます。 それが地域の教育実践力であり、ひいては地域社会の活力につながります。

当研究所では現在、主に以下のようなスタイルで校内研修支援を行っております。

 

校内研修パターン1(5万円/日)

午 前=3,4時間目に校内全学級の参観

午 後=研究授業  放課後=事後研修(リフレクション)およびコンサルテーション

 

校内研修パターン2(3万円/半日)

午 後=研究授業  放課後=事後研修(リフレクション)およびコンサルテーション

 

☆ 交通費別。

ただし上記はあくまで一例です。

実際には、各学校さまの状況に応じてコンサルテーションを行います(学年研修・課題づくりワークショップなども多く行われています)。 所長村瀬および研究員を、要請に応じ講師として派遣いたしますので、まずはメールにてご相談ください。

アクティブ・ラーニング、21世紀型学力、新指導要領についての校内研修のご依頼、増えています!